徹底的に注意しよう | まずはナイトワーク系の求人サイトから仕事探しを始めよう!

まずはナイトワーク系の求人サイトから仕事探しを始めよう!

徹底的に注意しよう

鏡に手をつく人

キャバクラで働く際の常識といったら、お酒作りを覚えておくことだと思います。
お客さんと会話をすることも重要な仕事ですが、お酒の作り方やマナーなどもちゃんとわきまえておかなければいけません。

だから今回はお酒を作るときのアドバイスをしていきましょう。
まだキャバクラで働いたことない人はぜひ確認しておくてください。

まずお酒を注ぐ前には必ずグラスに氷を入れていきます。
このときに高い位置から落とすとうるさいので、上品にできるだけ音を立てないようにして入れてほしいと思います。

そして実際にお酒を注いでいく際には、ボトルのキャップを手の中に持っていましょう。
その状態でボトルに手を添えて両手を使って注ぐわけです。
ある程度慣れてくると、この方が動作がスムーズにできることがわかると思います。

またボトルはグラスに当てないように意識してください。
やっぱりガチャンといった音を立てるのはよくありませんので、離した状態で注ぐようにしましょう。
このときにボトルのラベルを上に向けると、すごく綺麗です。

さらに最後はグラスをコースターの上に置いていくわけですが、その前に水滴で汚れたグラスをちゃんと拭いてからコースターに置きましょう。
ただしグラスを拭く際には口をつけるグラスのふちの部分は避けてください。
なんとなくその部分を拭かれるのは、飲む側としてはあまりいい気分にはなりません。
このような細かい点が配慮できていると、お客さんからも「この子はレベル高いな」としっかり評価してもらえます。
キャバクラでどうせ働くなら、完璧なキャバ嬢として活動できるようになりましょう。